遠野なぎこ

フジテレビ「カスペ!木村藤子のキセキ相談!美女たちの
ターニングポイントSPIII」(2013/09/27放送)で、
木村藤子さんが遠野なぎこさんを霊視した結果。

母親からの虐待

幼い頃から母親に虐待された結果、摂食障害・自傷行為・醜形恐怖など、
心の病を患っている。

兄弟たちは、母親と再々婚の旦那さんの籍に入って暮らしているが、
自分だけ受け入れられなかった。
殴られたのも自分だけだった。
なぜ自分だけ憎まれていたのか、理由は分からない。

深い憎しみがあるため、将来的に母親の葬式には出たくない。


性格

遠野なぎこさんは、真面目で一途で超頑固な部分がある。

生きている時は元気で勝手なことも言えるが、母親が実際に
死んだ時のことを考えると、性格的にお葬式に出ないような
人ではない。


母親の性格

母親も精神バランスを崩している姿が見える。

母親は、思ったことをストレートに言うタイプ。
ヒステリック状態でイライラすると、醜いと思わなくても
言ってみたり、相手の困ることを言いたくなる性格。

それを言うことで、自分の感情をセーブしてきた。

また、母親は親切の押し売りをするタイプ。
相手に余計なことを言ってしまうが、それを悪いと思っていない。
グサッと欠点を言ってしまう。

自分では精神バランスをどうにもできなくなっている。
その結果、もっとイライラしてしまう。

本当は、とても温かく正直な人。
遠野なぎこさんと同じような気質を持っているが、
母親の方が頑固。

母親が精神バランスを崩した原因は、子供の頃に大変な苦労、
寂しい思いをしていたから。
家庭の事情があったはず。

結婚後は、お父さんを好きになって、ヒステリックにならない
ように努力していたが、遠野なぎこさんが生まれてから、
自分の病気や子育てで時間がなく、心の余裕がなかった。

体が疲れているのに、家事をやらなくてはならないから、
怒ってしまった。

そして、遠野なぎこさんに料理などの家事を全て託して
しまった。
素直な娘だったので、全てを依存してしまった。

お母さんがよく悲しくなって、泣いている姿が見える。
泣いても感情を止められない。


精神バランス

遠野なぎこさんも今は、精神バランスを崩している。
お母さんの虐待で崩したわけではない。

いつまでも親子の確執があるので、お母さんがかわいそう。
このままでは、親不孝をしたことで本当に悔いを残す。
自分に子供が生まれても、子供から恨まれてしまう。

お母さんは、感情の起伏が激しい状態で自分を責めたり、
虐待をしてしまって、苦しんでいるはず。

お母さんの苦しみを理解してあげて、お母さんの立場を
娘としてもっと深く考えてみること。
未来のためにも、許せるようになること。


相談後

相談後、遠野なぎこさんはスタッフに「木村藤子さんの話は
ほとんど当たっていなかった」と発言。

トラウマになっていた体の虐待については、何も触れられて
いなかったため、それを解決したい。

そして、もう一度、木村藤子さんと話をすることになった。


体の虐待

木村藤子さんは、体の虐待については見えていたが、
傷つけないように、あえて言わないでいた。
辛い過去を思い出させる必要はないため。

虐待の理由は、母親が感情をセーブできなかったから。
可愛いと思っていても、こみ上げてくる感情を抑えられないから、
暴力を振るってしまった。

遠野なぎこさんだけに暴力を振るったのは、性格が素直だから。
兄弟の中で素直で一途だったから。
髪を引っ張られても、親に従っていたから。

母親は怒って怒鳴った後は一応、心が落ち着いている。
その後、風呂場で頭を抱えて、泣いている姿が見える。
頑固な人なので、涙は人に見せない人。
しっかりした愛情を持っていたけれど、本当の愛情を
見せられなかった。


摂食障害

16歳の頃には、母親に食べ物を吐くように言われた。

それからずっと、摂食障害になり、食べては吐く癖が続き、
病気になってしまった。

吐くことを教えたのは、母親自身が体が太くない人だったから。
過去に吐いていて、何か自分にアクシデントがあることに
気づいて、そこから吐かせることを教えたはず。

16歳の頃は食べざかりのため、結構食べられたと思うが、
「きれいな子でいて欲しい」という親のエゴがあった。

憎いのではなく、きれいな子のままで成長して欲しい、という
間違った思いがあった。

母親には事情があったため、それを考えてあげて、親孝行を
すること。
posted by 木村藤子は霊能者 at 16:58 | 芸能人を透視